ご来訪ありがとうございます。


by dankemerci
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

驚く大天使(ミカエル)

ごきげんよう。皆様ご存知でした?
川原泉氏原作の「笑う大天使(ミカエル)」が映画になるんだそうですのよ、
ワタクシそれはそれは本当に驚きましたのよ。


…。ひょえー、びっくりびっくりよ。
今ごろになってそんなことを知りました。
映画になってるって、この夏公開ってどうなの?イメージ通りなのかしら?
撮影はハウステンボスであったそうでして、
そりゃなんかしっくりくるわー、と思ったり(笑)

イメージとの矛盾を抱える猫っかぶりお嬢様3人の
よく考えるとエキサイティングで基本的にはのほほんとした高校生活が描かれた
この「笑う大天使(ミカエル)」は私が聖書を持ってて良かったと思う漫画でした(笑)。

あ、聖書は大学ん時に学校で買わされましたのよ。
ちなみにマトモに読む気になったのは、
遠藤周作先生の本(「イエスに邂った女たち」)を読んでからでして
卒業後に福音書だけちゃんと読みましたわ。

私、川原さんの漫画すんごい好きなんですよ。
もうねぇ、とにかく面白い。笑える。
爆笑、ってワケじゃなくてにやっとしちゃう感じ?気がついたら笑ってる。

作品は読んでいないものもありますが、私が特に好きなのは

・メイプル戦記
・笑う大天使(ミカエル)
・バビロンまで何マイル?
・銀のロマンティック…わはは

オススメはどれかと聞かれると全部!と答えそうですが、
1番最初に買ったのは「笑う大天使(ミカエル)」でして、私としてはコレが原点かなぁ。

ところで上記の4作は端的に言いますと、
「メイプル戦記」は女の子だけのプロ野球チームのお話で、
「笑う大天使」はお嬢様学校の3人組が主役で、
「バビロンまで何マイル?」は歴史の絡んだ学園モノで、
「銀のロマンティック…わはは」はフィギュアスケートが題材です。

この4作って何にも関係がなさそうですが、
実はちょこちょこつながりがあります。

メイプル戦記には笑う大天使の舞台の
お嬢様学校の卒業生が2人います(しかもバッテリー)。
銀のロマンティック…わははの主役の女の子は
高校生でして、やっぱりこのお嬢様学校の生徒です。
笑う大天使の主役3人のうち1人は転校生なのですが、
バビロンまで何マイル?の舞台である進学校からの転校生です。

こんな感じでほぼ全作が少しずつつながっているようで
ここいらへんも独特な世界観の一片だと思ってます。
キャラが他の作品にも出てたりもしますしね。
精神世界が海に例えられるようなそんな感じ。
波はやがて向こう岸に辿り着くっちゅーか何つーか(余計分からんっつーの)。

なんせ実にディープなのでずぶずぶハマりそうな
めちゃくちゃ居心地のいい底なし沼
ってのが
私にとっては川原教授の世界だったりします。
[PR]
by dankemerci | 2006-03-23 00:55 | 自分向上委員会