ご来訪ありがとうございます。


by dankemerci
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

日本に住む私の心地良い暮らし 閑話休題

私は今失業保険を頂いている身なのですが、
この時間のある間に色々と知識を吸収しておきたいと思って
今の自分に必要だと思われる知識が得られそうな本を
片っ端から図書館で借りています。
図書館って本当にありがたいなぁと感じています。

私は昔から本が好きで本屋が大好きでした。
本屋さんで本を買うのも大好きです。
でもいわゆる積読も多かったですし、
明らかに自分が成長する糧になりそうもない本も散々読みました。
随分無駄な事しちゃったなぁと思います。

「本調子」という本で
七田眞さんが読書が人間として生きる実人生には役に立たない、
死んだ読書にならないよう注意しなければならないと仰っています。
また、斎藤一人さんが自分に関係ある本を読むよう仰っています。
結局私は望月俊孝さんが仰るように、
本当の”目的”を持って本を読んでいなかったんだなぁと
やっと今頃気がつきました。

本は手軽な自己投資ですが、
より自分をよく知っていた方がリターンが大きくなるんですね。

お金の勉強をしていたら自分自身を省みる機会が増えました。
それはお金の使い方が自分自身の在り方に非常に深い関係があるからだと思います。
自分自身を本当に知ろうとするほどお金の使い方が改善されていきました。
本の買い方一つにしてもです。

今ももちろん本を買います。
図書館で借りて何度も読みたいと思った本や、
新刊は何度も立ち読みして納得したら買います。

こんな買い物の仕方をするのは本だけではありません。
被服や食材もそうです。
(でも私の場合、まだまだ甘い部分がありますが…)

自分にとって本当に必要かどうか考えないでいると、
たやすくマーケティングや誘惑に流されてしまうのかもしれません。

まぁ、言葉で言うと簡単そうですがこれが難しいんですよね。
自分はそうしているつもりでもできていない場合がままありますから。


そう言えば先日テレビショッピングを見ていたら、
なんだかすごく欲しい気持ちになってしまい、
「おかしい、私なんだかこれが欲しいと思ってしまった」とがっくりきました。
もちろん買いませんでしたが…。

主人は「そう思わせるように宣伝してるんだから当たり前だ」と
言ってくれましたが、これがマーケティングなんですよね。

こういったものを「こういう売り方をすると買いたくなるのか」と考えるくらい
商売人になりたいと感じてしまったりもしています。
[PR]
by dankemerci | 2007-10-29 16:32 | 自分向上委員会