ご来訪ありがとうございます。


by dankemerci
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

睡眠の秋 勉強の秋

サンフレッチェ広島がJ2優勝を決めた記念すべき(?)9月28日の日経新聞に
秋の睡眠が大事という記事がありました。

暑くて寝苦しい夏の睡眠不足を秋に解決しておこうというもので、
夏は言わずもがなだけど冬も睡眠には適さないので秋の睡眠が重要になるらしい。


ふーん、私はいくらでも寝れるタイプだけど、
それってダラダラ寝てるだけなんだよねっ、あはは。
・・・などと笑ってごまかしてみる。


成人が健康に過ごすには約7時間が最適で6時間だと睡眠時間が足りないそうでして。
いわゆる「寝だめ」には効果がないけど、平日の睡眠時間の不足を休日長めに寝ることで
補えばある程度は取り戻すことも可能だそうです。

近年はよく聞くようになりましたが、短時間の昼寝も効果的だそうですね。
午後3時ぐらいまでに15分程度が有効なんだとか。


うーん、私寝ちゃうと起きないからなぁ。
ちょっとのつもりで3時間とか寝てしまうことがよくあります。
わー、3食昼寝付を地でいく専業主婦がここにいますよ!


長過ぎる昼寝は夜に寝れないから逆効果となるので要注意、
でも普通働いてれば長い昼寝なんてできないから大丈夫でしょう。

短時間の昼寝はすぐに実行できることのひとつですが、
他にもすぐ実行できそうなのは、就寝前や起床時の習慣を変えることかな。

就寝前はコーヒーや紅茶などカフェインを含む飲み物の摂取を控え、
興奮の元となる電子メールやテレビゲームを避ける。
これってインターネットもそうだし、家事も含まれます。

築山節氏の著書「脳が冴える15の習慣」にもありますが、
身体の疲労回復のためだけではなく脳にとっても睡眠不足はなんのメリットもないです。

脳は寝ている間に思考を整理するので睡眠を削ってがんばっても
思考がまとまらず物忘れが増える原因になるだけで良い事無しってことですね。

また、起床時間や食事の時刻を一定にするといった生活のリズムを作るのも重要。
これは言葉にするほど実行するのが簡単じゃないかもしれないけど、
冴える脳のためにも必要なことなので気をつけたいことです。


睡眠には寝室や寝具など環境も影響しているけれど、
結局のところ習慣が一番大事ってことなのかな。



参考記事:2008年9月28日 日経新聞
日経新聞サイト

脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める
築山節氏著(生活人新書 NHK出版)
[PR]
by dankemerci | 2008-09-30 10:11 | 自分向上委員会