ご来訪ありがとうございます。


by dankemerci
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

拝啓、広島の熊親子さん

拝啓 師走も残すところ数日となりましたがいかがお過ごしでしょうか?


インフルエンザでしかたなくTV観戦をした天皇杯、
インフルエンザが治ったら観戦予定だったユースカップ、
どちらも昨日負けてしまったので私はこの年末いきなりヒマになってしまいました。


試合の詳細はともかく、親子ともに深手を負った状態でしたが
予想以上にしっかり”広島のサッカー”をやっていたと思います。


柏のプレスがJリーグ随一だとしても、
ウチは1年間散々プレスかけられ引きこもられてJ2暮らしをしてきたので
そんなにそのサッカースタイルが怖くは感じなかったけれど、
結局1番の敵は自分らのミスだったということですかね。

あのゴールが認定されていれば…というのも
いつまでもそんなこと言ってると負け犬の遠吠えみたいでかっこ悪いので、
今度は文句なしで勝ちたいよね。


でもね・・・
とてもおもしろいサッカーやってたし、勝たせてあげたかったよ。

ともかく今年もこれでひとくぎり、お疲れ様でした。
来年はもっと”広島のサッカー”を見せつけてやろうね。
必ずできる、あなた達は私達の誇りです。


仔熊はね、本当にチームがまとまっていて、
君らの試合を観るのはとても楽しくて大好きでした。

予選からハラハラドキドキさせてもらったよね。
ゴリさんの言うとおり「気持ちには引力がある」って
君たちを見てるとそれがすっごい信じられたし、とにかく楽しかった。

試合に出てた子も出れない子も、3年生はユース生活はこれで終わり。
でも皆すごい大きなものを下級生に残してくれたよね。
きっとこれから君たちはサッカーの世界に限らず
活躍してくれると思っているし、そう心から願って止みません。

2年生・1年生の子達は3年生から受け取ったものを大事にして、
新しいチームをつくっていってください。

悔いが残らないよう全力で駆け抜けてね。
そしてまた私達を楽しませてくれることを密かに期待しています。

もちろん君たち皆、私達の誇りです。



などとまじめに今年のサンフレッチェ語りを締めようと思います(多分)。

                                                    敬具
[PR]
by dankemerci | 2008-12-21 15:24 | 広島の紫と赤