ご来訪ありがとうございます。


by dankemerci
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:自分向上委員会( 46 )

主婦、家計管理を語る

私ってずぼらちゃんなのですが、こう見えて(どう見えてなんだ)
家計簿を毎日つけています。

昔はこづかい帳すら3日坊主以下でしたが、
結婚してからはなんとか適当ではあっても
家計簿をつけるようになりました。

それがネット上で家計管理を学ぶ有料モニターに
なって以来毎日家計簿をつけるようになりました。

家計管理をお金を出して学ぶなんて…と
思う方も多いと思いますが、
あなどるなかれ家計管理は会計の基本なのです。
家計管理は会社の会計にも通じています(力説)。

先日家にあった稲盛和夫氏の著書、
稲盛和夫の実学 経営と会計」を読みましたけどかなりシンクロしています。

キャッシュベース重視、借金をしないこと、
”一対一の処理”の根底にある分かりやすい管理等。。。
シンプルで当たり前のようなことですが非常に重要なことだと思います。

経営者は今現時点の会社におけるお金の流れを
知らないわけにはいかないですよねぇ?
財務諸表には会社の状況が如実に現れていると思うのですが
それを昔風に会計部門がまとめて提出してきたものを
「さてさて…」とのんびり見てるようでは
対応が後手にまわるんじゃないかしらん?と思ったりするわけです。

主婦感覚で言えば、
お財布の中身が寂しくなり預金通帳の残高が厳しくなってきているのに
お金の使い方がぱっぱらぱー
給料上がらないかなぁ、宝くじ当たらないかなぁ
などと他力本願なことを想像しているうちに
家計にショックを与えるような出来事が起こって
対応できないんじゃマズイんですよねぇ。

我が家の家計がどういう状況か知るためにも
家計簿をちゃんとつけることが家計管理の肝だと思います。

私みたいな飽きっぽい人には
家計簿をつける習慣って身につけるの大変。
でもこの習慣が身につけられるかできないかが
最初の分かれ道なんだよなぁ。。。などと思っています。

家計簿つけるとつけてない時と比べて
お金の使い方を意識するもんね、やっぱ。
[PR]
by dankemerci | 2006-02-21 12:08 | 自分向上委員会

「ありがとう」の威力。

この週末に本屋に行きました。
散々悩んだあげく欲しかった本を購入したのですが、
立ち読みの好きな私は一人本を読み漁っていました。
そこで前から知っていた「結晶物語」という文庫本をざっと読みました。

・「結晶物語」 江本勝氏著

以前話題になった「水からの伝言」関連の本でして、
水を凍らせて顕微鏡で観察・撮影された写真が
掲載されている本なのですが、
その水というのがさまざまな実験をされた水なんですね。
音楽を聞かせたり、TVや携帯電話のそばに置いておいたり、
容器になんらかの言葉を書いて貼っておいたりした水です。

TVやパソコン・携帯電話のそばに置いていた水の結晶が
形を為してないことに恐ろしさを感じたりしていたのですが(おそるべし電磁波)、
それ以上にすごいのが容器に言葉を貼った水の結晶で、
「ありがとう」という言葉を貼った結晶が
とてもキレイなんですよねぇ。

「ばかやろう」や「無視して放置する(うろおぼえです)」
といった否定的な言葉を貼った結晶が
ぼろぼろだったことがちょっと怖いなぁと思いました。
同じ意味でも汚い言葉とキレイな言葉とでも
結晶の美しさが違っていたりします。

きれいな言葉を使いなさい、とよく言われますが
その根拠が科学的に証明されているようなそんな気がしましたよ。
ざっとしか読んでいないので何とも言えないのですが、
人の体って約70%が水分なワケじゃないですか!
想像したらちょっと怖いと思いません?

昔花粉症を自力で治した人のお話を聞いたことがあって、
その方は自分の体に大丈夫だからね、と色々と
労わりの言葉をかけ続けていたそうで、
おかげで妙に色々納得してしまった次第です。

また来週ゆっくり立ち読みしようと思って(また立ち読みですかい)
ざっと見ていたのですが非常におもしろかったです。
ちょっと手許に1冊欲しいなと感じた本でした。
[PR]
by dankemerci | 2006-02-20 20:40 | 自分向上委員会

本と私3

読書熱がぐわんぐわん上がってきているので、
ぐわーっとこの勢いで読んでいきたいと思います。

斎藤一人氏も成功した人がどーやったら分かってもらえるか、
うんうん唸って考えて書いた本なんだから本は読むべきだ
うんぬんみたいなことを仰っているそうで、妙に納得。

そう、世の成功された方々は
みーんな面白いぐらい読書を薦めています。
人間ひとりじゃ時間も限られているんだから、
そりゃ人様の経験も読んで知ることに価値はあるってか。

今後購入したい本リストをば…。

野口 嘉則氏
・幸せ成功力を日増しに高めるEQノート

本田 健氏
・ユダヤ人大富豪の教え
・スイス人銀行家の教え

J.K.ローリング氏
・ハリーポッターと謎のプリンス
(2006.5発売なんですが…)

マツダ ミヒロ氏
・こころのエンジンに火をつける 魔法の質問

ブライアン・トレーシー氏
・カエルを食べてしまえ
・大富豪になる人の小さな習慣術

今思いつくのはこんな感じかなー。
野口さんの本はAmazonでもう買っちゃいました。
後は届くのを待つのみ。
初めてAmazonで本買っちゃったい。

本田氏の著書「ユダヤ人大富豪の教え」は
マンガ版が出ているので、
先日本屋で1冊まるまる立ち読みしちゃったよ。
あははー、そしたら読みたくなっちゃってねぇ。
私もその教えをゆっくり自分の頭で
考えたくなっちゃったワケです。

最初は「スイス人銀行家の教え」だけ欲くて。。。
だって私スイス好きだから(おいおい)

ハリー・ポッターは毎度のことなんですけど、
やっぱお話がおもろいもん。
最初はタイトルが”混血のプリンス”だったようですが、
謎のプリンスで確定したみたいですねー。

どうやら原題はHalf-Blood Princeらしいので
混血という言葉がマズかったのかな?
私には侮蔑の言葉であるのかないのかといった
知識がないので分かりませんが。

あおり文が

「謎のプリンス」とはだれか?
一段と成長したハリーの新しい恋人は?
宿敵ヴォルデモートの戦いで、またしても悲しい別れが…


となっていましたが、「謎のプリンス」は意外な人物でした。
ハリーの新しい恋人はホント予測通り、
悲しい別れの真相は言葉にすると「えー、いやだー!」でした。
色々と急展開の様子です。

何で知ってるの!って?
そりゃ英語版を読んだ方のネタバレを読んだから。
だって気になったんだもーん、それでも本を買う。
だってそれでもしっかり読みたいから。

でもこうして見るとなんかお金がらみばかりだと
思われるかもしれませんが、そうじゃないんですよねー、これが。
思考や習慣の部分がミソなんですよねぇ。
うふふ(気持ち悪いっすよ、アナタ)。
[PR]
by dankemerci | 2006-01-30 08:27 | 自分向上委員会

本と私2

うわーお、マジメ2連発☆
めっきり本を読まなくなっていたくせに、
最近ちょっとまた読書熱が急上昇です。

しかも自己啓発本ばっか。

今まで読んでも読んでも満たされない気分だったけど、
それが自分の頭を一旦通して考えてこなかったせいだったと
よーく分かった気がする今日この頃です。

読んで納得するだけじゃダメだったんですね。
自分で考えてやってみなければ身につかないのだからそりゃ満たされないはずです。
知識として情報を持っているだけで自分のモノになっていなかったワケです。

ここのところ稲盛和夫氏に傾倒しています。
家に本があったからってこともありますが。。。

「稲盛和夫の実学 経営と会計」
「生き方」


こちらは両方とも読み途中ですが、
「稲盛和夫の実学 経営と会計」は
会計を通した健全な経営者の在り方が説かれています。
かなり平たく書かれているので非常に納得できる内容で、
ご自分の哲学がどのように経営の肝である会計に
生かされているのかがよく分かります。

「生き方」はいつもお世話になっているブログでも
薦められていたので少しずつ読んでいます。
心に留まった言葉はメモするようにしています。

そう言えば稲盛教だ、とか斎藤一人さんは宗教家なのかと
目にしたり聞いたりすることがありました。
こういった事業を成功された方のお話は、
ご自分の成功のノウハウをお話されているわけではなく
成功を裏打ちするご自身の哲学をお話になられているので
そう感じることもあるのかもー、と私は思っています。

最近読む自己啓発的な内容の本は
大学在学中や社会人になりたての頃に読んでいた本と違って、
事業を起こし盛り立てた方々の経験を通して語られる哲学を
核とした本が多いからなのか今の自分には素直に受け入れて実践し易いと感じます。


そう言えば以前はHowTo本が好きでした。
実際にどうやればいいのか教えてよ!的な考えだったからかなぁ。
今では本やブログ等で仕入れた情報を
自分の頭を通して見ていくようになってきています。
自分の言葉で説明できるか検証してみたりするわけです。

後になってからそれがどれほど
基本かつ重要事項だったと気がついたわけですが、
気がつけたことは本当にありがたいことですね。

でもこれがお金の勉強を始めたことで
実感を持って身についてきたということが
また不思議なもんだなぁと思います。
[PR]
by dankemerci | 2006-01-27 08:37 | 自分向上委員会

本のご紹介

ちょっと宣伝させてくだいね。

私が密かに楽しみにしていた本が今日発売になりました。
この本の著者の方のブログにいつもお世話になっているので
私もちょっと宣伝させていただこうと思いまして…

その本とは、

・幸せ成功力を日増しに高めるEQノート」(野口嘉則氏著)

です。

ブログも人気ランキングTOPを独走されていて、
たくさんのトラックバックやコメントが寄せられていますが、
私も微力ながらご協力したいと思った次第です。

そもそもこちらのようなちょっとふざけたサイトで
こういったすばらしい内容のブログや本を紹介させていただくのも
ちょっとどうかなーと思ったのですが…。

私も毎日ブログを拝見していますが、
すごく得られるものが多いブログです。
広島の方だということにもかなり親近感を感じています。
もちろん本も今日Amazonで購入しました。

まずはブログをご覧になられると
私が紹介したい気持ちが分かっていただけるかなーと思います。

・幸せ成功力を日増しに高めるEQコーチング

今ほんの少しだけ人にアドバイスやサポートをするような
仕事をはじめたので実に勉強になります。
仕事というよりは勉強させていただいてるといった感じですが…。
本を読んでの感想はまたこちらでお話したいと思います。

ちょっと本日はマジメにお話してみました。
[PR]
by dankemerci | 2006-01-26 08:41 | 自分向上委員会

本と私

こう見えて私結構本が好きなんです。
マンガも含めて、なんでも好きといいますか。
特に好きなのはエッセイと実用書系(笑)
もちろん小説も好きですが、選り好みが激しいので…。

でも最近あんまし読んでないなぁ、うーん。
ぼちぼち読んでるのが経営会計の重要性を説く
金児昭先生の本かなぁ、ちょっと最近会計に興味あるので。

「もっと早く受けてみたかった会計の授業」
金児昭著(PHP研究所)

これが分かり易いけどなかなか進まない。。。
昔みたく徹夜覚悟で読むってのができないし、
なにより自分がやや疲れ気味なので読めない。
読み出すと読みたくて止まらないのにー。

なーんてことを言いながら、
先日借りたさくらももこ氏の書き下ろしエッセイの本
バスに1時間乗っている間に完読しちゃったんだけど。
すんごいおもしろくて笑いこらえるの大変だった。

昔は雑誌も含めて本ばっかり買ってたけど、
最近はそうもいかないので
月2,000円以内に留めています。
せいぜい新書やハードカバーの本1冊と
文庫が1冊買えれば御の字ってとこです。

手許に置いておきたいほど欲しい本は
かなり吟味して選ぶようになりました。
以前は読みたいと思ったら即買ってたけど。

先日ロバート・キヨサキ氏の本を読みました。
ベストセラーになってたアレです。

「金持ち父さんと貧乏父さん」

図書館だと予約で一体何ヶ月待ちなのか謎状態だし、
高いのでなかなか買い難いのですが、
自分が読むべき時期がきたら他の本も読みたいな。

漫画は「ワンピース」にハマってました。
意外とおもろいんです、ってゆーかお話が良く出来ている。
お話の構成に妙に感心しちゃいます。
お話の伏線がしっかりあるから、また後で読み返しても楽しい。

子供の頃と違って含蓄のある漫画が好きかな。
一時期川原泉氏の漫画がすごーく好きで
あらかた読んだし、全部好き。

推理小説で言うと内田康夫氏みたいな。推理小説としても読めるし、
小説の舞台になっているその土地柄を知る読み物としても楽しい、感じで。

漫画としてもおもしろいし、題材に興味を持ちやすいと言いますか。

「バビロンまで何マイル?」というお話があって、
これはちょっと歴史を扱ったものなんですね。
プチ歴史好きの私としてはたまらんかったです。

しかもどの作品も微妙にリンクしてるんで、
あ、これってこの作品でなんかあった…とか
そーゆー宝探し的要素もあるのでそれも好き。

なーんて話をしていると、
本が欲しくなったり読みたくなったりするからすんごい困るんだよなぁ。
[PR]
by dankemerci | 2005-08-20 23:07 | 自分向上委員会