ご来訪ありがとうございます。


by dankemerci
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

本と私3

読書熱がぐわんぐわん上がってきているので、
ぐわーっとこの勢いで読んでいきたいと思います。

斎藤一人氏も成功した人がどーやったら分かってもらえるか、
うんうん唸って考えて書いた本なんだから本は読むべきだ
うんぬんみたいなことを仰っているそうで、妙に納得。

そう、世の成功された方々は
みーんな面白いぐらい読書を薦めています。
人間ひとりじゃ時間も限られているんだから、
そりゃ人様の経験も読んで知ることに価値はあるってか。

今後購入したい本リストをば…。

野口 嘉則氏
・幸せ成功力を日増しに高めるEQノート

本田 健氏
・ユダヤ人大富豪の教え
・スイス人銀行家の教え

J.K.ローリング氏
・ハリーポッターと謎のプリンス
(2006.5発売なんですが…)

マツダ ミヒロ氏
・こころのエンジンに火をつける 魔法の質問

ブライアン・トレーシー氏
・カエルを食べてしまえ
・大富豪になる人の小さな習慣術

今思いつくのはこんな感じかなー。
野口さんの本はAmazonでもう買っちゃいました。
後は届くのを待つのみ。
初めてAmazonで本買っちゃったい。

本田氏の著書「ユダヤ人大富豪の教え」は
マンガ版が出ているので、
先日本屋で1冊まるまる立ち読みしちゃったよ。
あははー、そしたら読みたくなっちゃってねぇ。
私もその教えをゆっくり自分の頭で
考えたくなっちゃったワケです。

最初は「スイス人銀行家の教え」だけ欲くて。。。
だって私スイス好きだから(おいおい)

ハリー・ポッターは毎度のことなんですけど、
やっぱお話がおもろいもん。
最初はタイトルが”混血のプリンス”だったようですが、
謎のプリンスで確定したみたいですねー。

どうやら原題はHalf-Blood Princeらしいので
混血という言葉がマズかったのかな?
私には侮蔑の言葉であるのかないのかといった
知識がないので分かりませんが。

あおり文が

「謎のプリンス」とはだれか?
一段と成長したハリーの新しい恋人は?
宿敵ヴォルデモートの戦いで、またしても悲しい別れが…


となっていましたが、「謎のプリンス」は意外な人物でした。
ハリーの新しい恋人はホント予測通り、
悲しい別れの真相は言葉にすると「えー、いやだー!」でした。
色々と急展開の様子です。

何で知ってるの!って?
そりゃ英語版を読んだ方のネタバレを読んだから。
だって気になったんだもーん、それでも本を買う。
だってそれでもしっかり読みたいから。

でもこうして見るとなんかお金がらみばかりだと
思われるかもしれませんが、そうじゃないんですよねー、これが。
思考や習慣の部分がミソなんですよねぇ。
うふふ(気持ち悪いっすよ、アナタ)。
[PR]
by dankemerci | 2006-01-30 08:27 | 自分向上委員会

本と私2

うわーお、マジメ2連発☆
めっきり本を読まなくなっていたくせに、
最近ちょっとまた読書熱が急上昇です。

しかも自己啓発本ばっか。

今まで読んでも読んでも満たされない気分だったけど、
それが自分の頭を一旦通して考えてこなかったせいだったと
よーく分かった気がする今日この頃です。

読んで納得するだけじゃダメだったんですね。
自分で考えてやってみなければ身につかないのだからそりゃ満たされないはずです。
知識として情報を持っているだけで自分のモノになっていなかったワケです。

ここのところ稲盛和夫氏に傾倒しています。
家に本があったからってこともありますが。。。

「稲盛和夫の実学 経営と会計」
「生き方」


こちらは両方とも読み途中ですが、
「稲盛和夫の実学 経営と会計」は
会計を通した健全な経営者の在り方が説かれています。
かなり平たく書かれているので非常に納得できる内容で、
ご自分の哲学がどのように経営の肝である会計に
生かされているのかがよく分かります。

「生き方」はいつもお世話になっているブログでも
薦められていたので少しずつ読んでいます。
心に留まった言葉はメモするようにしています。

そう言えば稲盛教だ、とか斎藤一人さんは宗教家なのかと
目にしたり聞いたりすることがありました。
こういった事業を成功された方のお話は、
ご自分の成功のノウハウをお話されているわけではなく
成功を裏打ちするご自身の哲学をお話になられているので
そう感じることもあるのかもー、と私は思っています。

最近読む自己啓発的な内容の本は
大学在学中や社会人になりたての頃に読んでいた本と違って、
事業を起こし盛り立てた方々の経験を通して語られる哲学を
核とした本が多いからなのか今の自分には素直に受け入れて実践し易いと感じます。


そう言えば以前はHowTo本が好きでした。
実際にどうやればいいのか教えてよ!的な考えだったからかなぁ。
今では本やブログ等で仕入れた情報を
自分の頭を通して見ていくようになってきています。
自分の言葉で説明できるか検証してみたりするわけです。

後になってからそれがどれほど
基本かつ重要事項だったと気がついたわけですが、
気がつけたことは本当にありがたいことですね。

でもこれがお金の勉強を始めたことで
実感を持って身についてきたということが
また不思議なもんだなぁと思います。
[PR]
by dankemerci | 2006-01-27 08:37 | 自分向上委員会

本のご紹介

ちょっと宣伝させてくだいね。

私が密かに楽しみにしていた本が今日発売になりました。
この本の著者の方のブログにいつもお世話になっているので
私もちょっと宣伝させていただこうと思いまして…

その本とは、

・幸せ成功力を日増しに高めるEQノート」(野口嘉則氏著)

です。

ブログも人気ランキングTOPを独走されていて、
たくさんのトラックバックやコメントが寄せられていますが、
私も微力ながらご協力したいと思った次第です。

そもそもこちらのようなちょっとふざけたサイトで
こういったすばらしい内容のブログや本を紹介させていただくのも
ちょっとどうかなーと思ったのですが…。

私も毎日ブログを拝見していますが、
すごく得られるものが多いブログです。
広島の方だということにもかなり親近感を感じています。
もちろん本も今日Amazonで購入しました。

まずはブログをご覧になられると
私が紹介したい気持ちが分かっていただけるかなーと思います。

・幸せ成功力を日増しに高めるEQコーチング

今ほんの少しだけ人にアドバイスやサポートをするような
仕事をはじめたので実に勉強になります。
仕事というよりは勉強させていただいてるといった感じですが…。
本を読んでの感想はまたこちらでお話したいと思います。

ちょっと本日はマジメにお話してみました。
[PR]
by dankemerci | 2006-01-26 08:41 | 自分向上委員会

私的世界名作劇場4

忙しくしているうちに年が明けちゃいましたね。。。もう1月終りますな。
年内に書いたネタが一つ残ってたのでUPしちゃいます。
使いまわし臭くて恐縮です。

・赤毛のアン

赤毛のアンは映画もあったし有名ですよねぇ。
原作は世界中でファンがいるし、
その独特の世界はファンにとっては不朽の名作でしょう。
私も傾倒はしてないけど好きです、赤毛のアンの世界って。

私は意地悪だねぇと思いつつもアンのおさげをにんじんよわばりした
ギルバートが結構好きでしたよ。

ギルバートってなんか、
キャンディキャンディのアンソニーとテリーを
足して2で割ったようなイメージ(なんだそれ)

原作では最終的にギルバートと結婚するはず。
出会いや第一印象が最悪ってあたり、
いかにも少女漫画的とはこのことだ!って感じのお話ですよねぇ。

お話の中に劇の練習で
実際にやってみようと川をボートで漂うはずがボートが壊れて
危険な目に合う間際ギルバートに助けられるくだりがあるのですが…、

アンは感謝しつつも、にんじんよわばりされた経緯があるので
素直になれず冷たい態度をとっちゃうんですよ。

うーん、これぞ少女漫画の真骨頂!
(やや少女漫画に対する認識を間違っとるかもしれまへん)

しかもアンのグリーンゲーブルズでの生活は
なんかいわゆる「乙女の憧れ」的生活ですし。
原作読むと女の子の永遠の憧れみたいなの満載ですしね。
私あんま恋愛映画は好きじゃないのですが、
「アンの青春」は結構好きでしたわ。

ちょっと原作読みたくなってきたな。

そーいやぁ子供の頃アンの親友ダイアナの髪型を
すんごいやってみたかった記憶が…(笑)

子供の頃って私はダイアナみたいな女の子が好きで、
赤毛のアンの中でもイチオシはダイアナでした。

可憐で優しい女の子のイメージのダイアナ。
いかにも私が好きそうな感じだ。しみじみ。
[PR]
by dankemerci | 2006-01-25 08:24 | ワタクシゴト