ご来訪ありがとうございます。


by dankemerci
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

何事も無い平凡な日曜日

はっきり言ってブログネタがありません。
別にいっつも変わった体験してるワケじゃないんだから
そらまぁ仕方ない話だよなぁ。

むしろ、ネタがないのは良いことかな?
そー言えば、小林正観さんの著書
神様からのとびきりのプレゼントは
何事も無い平凡な日と書いてあったような…。

この週末ものんべんだらりと過ごしてしまいました。
でも日曜とか特に、そういう風に過ごすための
休息の日なんだろなぁと思うことがあります。


私、一時期脳みそ使ってないよなぁと思うことがありました。
あ、脳みそ使ってなかったよなぁと思ったことがあった(過去形)、
って言う方が正しいかな。

人間考えなくても生活できるんですよね。
頭使わなくても世の中便利になっちゃったから
少々考えなくてもなんとなしに流れに乗っちゃえば
暮らせちゃうわけですよ。
それがホントに望む生活かどうかは別として。
(うーん、まっ、ある意味望む生活かな)

で、いきなり思い立って勉強したり本読んだりして
自分の頭でしっかり考えるようになってくると
あ、私って脳みそ使ってなかったわと気がつきますな。

そうなると毎日一生懸命考えて生活するんだけど
疲れるんだよね、毎日それだと。
そりゃモチベーションが高い時はそれでも
なんとか平気なんだけどさ。

いっぱい考えてると、
周囲や世論みたいなものや自分の感情に影響され易いせいか
それともかかえてる問題全部を一気に解決しちゃおうと思うせいか
頭の中が飽和状態になっちゃうんですよね。

こーゆー状態だと色々考えてることがどれも中途半端で
不完全燃焼だからスッキリしない。
それで気持ちばかりが焦って煮詰まっちゃう。
だから「生地を寝かす日」が必要なんですよね。

ほらほら、クッキーやらパンやら生地を寝かせて休ませて
焼いたらサクサク・ふんわりおいしくできあがるじゃん!
ソレですよ、ソレ(ほんまかいな)。


日曜日は何事もなく平凡に過ぎてこそ良し。
[PR]
by dankemerci | 2006-05-29 08:59 | ワタクシゴト
うがーーーーーーーー!もっと寿人を使ってください。

ジーコがW杯代表を既にあらかた決めてるとか、
しかも貢献度(貢献度って経験値のことか?)で決めるみたいなことまで言っちゃってて、
それ内緒にしててくれよ!と思ってしまいました。

かなりのむなしさの中で淡い期待と可能性に
全力かけてがんばってる寿人や巻ってすごい精神面がタフだ。
とゆーか鍛えられざるを得ないんだろな。
どんなに状況が悪くとも結果を出さないと結局認められないんだし。
その結果が良くってもジーコの優先順位は貢献度。。。

それにしてもハナから呼ばれていない我那覇や平山は
どう思っているんだろうな…(私の頭の中に大久保はいないらしい)。

サプライズのないジーコジャパンにはあまり興味がないので、
W杯は日本戦もあんまり観る気も起こらないよ。
でもブラジル戦は観たいなー、ロナウジーニョいるから。
彼はホントすごいよねぇ。

彼はこないだテレビ番組で
自分のように(サッカー選手に)なりたいと思うなら
毎日練習をすることだ、常にベストを尽くすことだ、
といったようなことを言ってました。

そう簡単にはサッカー選手にはなれない、と
彼が言うとホント重みがありますね。
どうやら彼は生まれながらのスーパースターだったワケではなく、
子供の頃は周りに彼より上手な子も多かったようですね。
どうやらジャンケンに負けるのもキライな程の
相当な負けず嫌いのようですし努力はハンパじゃないでしょう。

誰もが生まれた時からサッカーしてるような国に生まれ育って
幼い頃から常人でないプレーをしているように感じるけど、
それってすごーい鍛錬に裏打ちされてるんだろうな。

常にベストをつくしているから彼のプレーは
素人の私が見ていてものすごく楽しくなるのかしら。
彼はいわゆる「成功者」のように見えますね、
成功者と言っても人間としての成功者。
人格者というか、平たく言えばほーんとナイスガイ。

何が良いかって、彼のイメージって笑顔じゃないですか?
プレーは置いといて、顔を想像するといっつも笑ってる。
家族をとても大事に思っていて、
愛すべきサッカーに音楽にと真剣に取り組んでますし、
一方でチャリティなど支援する側としても積極的です。

ずっとバルサ!的発言も私が好むところです(笑)
あー、私バルセロニスタになろっかなぁ(おいおい)。


お、そうそう、ナイスガイと言えばサンフレッチェの佐藤寿人。
彼の発言は殊勝でいつもさわやか。
うがーーーーーーーー!もっと寿人を使ってください。
(ふりだしに戻る)
[PR]
by dankemerci | 2006-05-10 12:54 | ワタクシゴト
すでにディズニーホテルの味をしめていたのですが、
今回ミラコスタに2泊してますますハマってしまいました。

何が良いって?何はともあれ、便利だよ、便利。
私どものように遠方からたまーに遊びに行くようだと
連泊してランドもシーも行くパターンになります。
私的にはランドも楽しくて大好きなのですが、
シーの雰囲気が好きでシーはハズせないんです。
となると園内から好きな時に戻れる便利さはすごーく重宝します。

今回は歳のせいもあって私がよれよれだったので
3DAYパスポートだったのですが最終日はディズニーシーだけ回りました。
ホントは3日目は両方入園できるんですけどね。

ホテルで羽田空港までのリムジンバスの予約をして
荷物もそれまで預かってもらってたので帰りも楽でした。
そー言えばホテルから宅配でお土産と洗濯物を送ってたので
帰りのスーツケースは妙に軽かったなぁ。
(さすがに宅配料はちとお高いですが)

後、ディズニーホテル宿泊者の特典ぽいもので利用したのは
フォトエキスプレスと買ったお土産をホテルに届けてもらうサービス。

フォトエキスプレスはミラコスタ独自のフレームがつくので
せっかくだから記念にと利用しました(前回はシーで出した)。
落ち着いてて私的に好みのフレームです。
ランドで買ったお土産をホテルまで届けてもらいましたが、
アトラクションに乗る前に買うとほーんと便利ですね。


実は今回ちとトラブルがありまして、
ホテルの方には本当にお世話になったんです。

空港からホテルに荷物を送ってもらうサービスを利用したのですが、
羽田空港のカウンターで宅配業者さんから
あらかじめ届け先ホテルの記載された伝票を2枚貰いました。
でも貰った伝票が1枚他のホテルの宛先だったんです。

ぱっと見た方の宛先がたまたまミラコスタだったので
私もよく確認もせず名前を書いて渡しちゃったんですよね。
控えも無くさないようにすぐカバンにしまっちゃったし。

それで当然のことながら鞄が1つ他のホテルに届いていました。
鞄が無いので伝票の控えを確認すると控えのホテル名が違ってて
「ぎゃー!!」って感じだったんですよ(あほだ)

補足しますと、ホテルの方はチェックインした時に
荷物が1つ届いていると仰っていたのですが、
私はまとめて1個口で届いたのかなぁなーんて思って
気に留めてなかったんです(すごい呑気さだよ、アンタ)。

伝票にはホテル名だけで電話番号も住所も書いてなかったので、
とりあえずどこにあるホテルか教えてもらおうと、
あわててフロントに聞きに行き事情を話したら
なんとすぐ車で取りに行ってくださいました。

ミラコスタから車で往復30分の所にあるホテルみたいで、
閉園直後の混雑する時間帯だったこともあって
23時過ぎくらいのお届けになりそうです、と仰っていた
その通りの時間に届けてくださいました。

ホテルにまったく非の無いことだったのに本当に助かりました。
ありがとうございました(^^)

なーんて、ここでもお礼とささやかですが宣伝をしてみました(笑)
[PR]
by dankemerci | 2006-05-09 08:42 | 旅行とドライブと

GWにTDR

このGWに3日間TDRに行ってきましたがほーんと楽しかったですよー。
人が多いよーと言われまくっていましたが、混雑もこんなもんか、って感じでしたよ。
やっぱり4/30(日)~5/2(火)とゆー日程の微妙さ加減が良かったんでしょうかね?


私的に気になっていたポイントは。。。

ディズニーシーは新しいアトラクションのレイジングスピリッツ
もうすぐ終わってしまうショーのひとつ、セイル・アウェイです。

でも上手くアトラクションに乗れなくても、
ミラコスタに泊まった利点を大いに活用できそうだと考えていました。
その気になりゃ朝イチダッシュも可能ですから。

ディズニーシーアカデミーとゆーガイドツアーに参加すると
セイル・アウェイになにげに参加できるらしいんです。
ショー自体は待てばとりあえず見れるだろうとゆーことで、
ガイドツアーに参加したくて、そっちが特に気になってました。

ディズニーランドの方は以前乗りたくても乗れなかった
ビックサンダーマウンテンとスペースマウンテン
私的にはこの両方に最低2回ずつ乗れれば後はちょっとどうでもいいかも(笑)
せいぜいミッキーやミニーの家が見れたらそれでいい!
などと思っていました。

回りきれなければいつかまた行けば良いし、
前回できなかったことができればそれでいいなぁ、
でも多分行ったら欲が出そうだなぁなんてかなり呑気にかまえてましたが
それでまったく問題なかったです。


終わってみれば結局レイジングスピリッツは
もちろんダッシュもせず意外と余裕で5回は乗ってたし、
セイル・アウェイもほとんど待たずに見れたし、
写真も旦那さんがバッチリ撮ってくれました。
船は行き先を勘違いして乗ったけどそのおかげで
私のイチオシキャラ、チップとデールと一緒に写真が撮れました。

ランドはさすがにシーより人が多かったですが、
ファストパスの威力で思うようにアトラクションに乗れました。
私にもっと体力があればもっと乗れたはず。。。
そしてプーさん人気に改めてちょっとビビりました。
私もプーさん好きだけどさっ(私はルーがさらに好き)

今回の旅はとりわけホテルの恩恵に与かったような気がします。
次もミラコスタに泊まるだろうなぁ、きっと。
[PR]
by dankemerci | 2006-05-08 08:17 | 旅行とドライブと